Zadig & Voltaire uses cookies to improve your experience and his services, by analysing browsing on our website.
By continuing to browse, we understand that you accept their use. Learn more about cookies

ALL ABOUT CECILIA

AUTUMN INSPIRATIONS

Zadig & Voltaireのアーティスティック・ディレクター Cecilia Bönströmが語る秋冬シーズン

100% カシミアに関するインタビュー。

「秋」と聞いて連想するのは?ポジティブに「仕事の再開!」、もしくは少し寂しい「夏よさようなら!」、どちらにとらえますか?
「仕事の再開!」です。私にとって夏休み明けは、それがたとえ学校であっても、仕事であってもいつも非常にポジティブな出来事の始まりを意味するから。私は太陽の光輝くヴァカンスの間でさえ、ずっと休んでいることができないようです。この時期とともに作動する責任ある事柄や新たなチャレンジを行う事が好きです。


夏休み明けの一番の想い出、いつも記憶の中にある想い出は?
母が昔双子の妹と私に買ってくれた新しい洋服を見つけたこと。毎年、それには驚かされます。私の母はサプライズが大好きで、古風なところとエキセントリックさの両面を持つ人でした。ある日私たちに、Sarah Moonスタイルのようなロングドレスと白い麦わら帽子を着せ、次に黒いタートルネックのセーターとミニトレンチコートを着せました。それは毎回、とてもエキサイティングだったのを覚えています。母が組んでくれたコーディネートを着ていると、他の子供達の注目を集めたものです・・・。私のファッションセンスは母親譲りなのかもしれません。

 

今シーズン、特に思い入れのある洋服やアクセサリーは?
ArtyvoodooバージョンのSkinny Loveバッグです。チャーム、スタッズをプラスして新たにデザインしました。この組み合わせは私のお気に入りです。くしゃっとしたレザー、ヴィンテージスタイル、チェーン、全てが完璧です・・・。このバッグには私自身の経験、ストーリーが込められていて、私はこの仕上がりにかなり満足しています。


このシーズンでどうしてもやりたかった事は?
防水加工したウエアをデザインすることです。短めの丈で、コーティング加工されたキャンバス地を使用した着心地の良いレインコート。マリンブルーのセーターに合わせられるような・・・。Zadig定番のディテールを用いて、ダークカーキ色で新しくデザインしたいと思っています。


9月からワードローブに加えたい、Zadigを象徴する理想的なアイテムを3つあげるとしたら?
アイコニックなEvrellジーンズ、クロコ調またはスパンコールを施した Joeのレザーミリタリーブーツ、そしてFaroという名前のオーバーサイズのカシミアセーターです。長袖で全身を包み込むような着心地です。フェティッシュで、シックな雰囲気もあるアイテムです。


今シーズンにはずせないカルチャーイベントは?

文学では、「Eva」*です。Simon Liberati が妻のEva Ionescoに捧げた本です。これは、かなり究極の愛の宣言です。またBenjamin MillepiedとDémonsの新作、「Balanchine / Millepied / Robbins」**を見に行きます。スエーデン人の書いたお芝居で、Romain Durisが演じています。私は彼が大好きで私にとって、彼は、私がここに来てから出会った本物のパリジャンです。完璧でとても黒い髪をしていて・・・。その他には、夏休み明けのストレスを取り除くために、Montanaというナイトクラブで一晩中踊り明かしに行くことをお進めします!


秋にかかせない3つの楽しみは?
ノルマンディーの海岸を散策すること、典型的なパリのビストロでボルドーワインのボトルを開けることなどが好きです。それから目がないのは、タイムティーの代わりのカフェラテ!


秋のパリは日差しも柔らかく、色に例えるとパステルカラーのようですが、あなたにとって一番美しいと思う街は?
私はスエーデン人です。だから盲目的な愛国心なしに答えることができます。パリは今もなお私にとって最もインスパイアされる街です。古くからある都市ですが決して古ぼけてはいません。またロンドンやニューヨークの喧噪やストレスから免れることが出来ます。文化や建築、食における豊かさではパリに勝るところはないのです。それからパリといえば当然パリジェンヌがあげられますが、私は彼女たちのスタイルが大好きです。パイソンレザーやブラックカラーの着こなし方、無造作なスタイル、ロックとシック、レザーとカシミアの絶妙なバランスが大好きです・・・。パリジェンヌ達が私の創作意欲をかき立て、インスピレーションを与えてくれます。


秋を意識させる素材は?
コーデュロイです。パウダーローズカラーかコニャック色か空色の・・・。秋冬コレクションでは毎回必ず取り入れる色です。


雨の日でも関係ありませんか?
はい、私は根っからの楽天家です!たとえ晴天を好むとしても、天気によって気分を左右されることはありません。私は常に前進し、雨が降っている事さえ気づかないかもしれません。


秋を女性にたとえるとしたら、それは誰ですか?
女優のAli MacGraw です!彼女には神秘的な美しさがあり、特に「ある愛の物語」における劇中での彼女の着こなし、彼女からにじみ出るオーラ・・・。私には、それが明らかでした。


写真: Alexandre Tabaste
出版社:Editions Stock. 
**  Palais Garnier
Paris 9区)で1011日まで。
*** Lars Norén
の作品。 Théâtre du Rond-Point(パリ8区)で1011日まで。

next >
Add to Wishlist