Zadig & Voltaire uses cookies to improve your experience and his services, by analysing browsing on our website.
By continuing to browse, we understand that you accept their use. Learn more about cookies

ALL ABOUT CECILIA

秋のインスピレーション

Zadig & Voltaireのアートディレクター Cecilia Bönströmが、質問に答える形式でシーズンについて語ります。

100% カシミアに関するインタビュー。

秋について話すとき、あなたは口元に笑みを浮かべて「仕事の再開!」、それとも悲しげに「夏よ、さようなら!」のどちらを考えますか?
「仕事の再開!」です。私にとって夏休み明けは、それが学校であっても、私のチームであってもいつも非常にポジティブな何か、再会の時間でした。私はヴァカンスの間、太陽の下にさえ、ずっと休んでいることができないようです。この時期とともに作動する責任や新たなチャレンジが好きです。
夏休み明けの一番の想い出、いつも記憶から離れない想い出は?
母が双子の妹と私に取っておいた新しい洋服を見つけたこと。毎年、それはビックリすることでした。私の母は驚かせるのが大好きで、普通ですがでもちょっと変わっていました。私たちに、ロングドレスとSarah Moonのような白い麦わら帽子を着せ、次に黒いタートルネックのセーターとミニトレンチコートを着せました。毎回、エキサイティングでした。母が手本を示し、子供たちは誰しも私たちをじっと見つめたものでした・・・。ファッションへの私のセンスは母から来ています。

今シーズンのために創ったことを嬉しく感じている洋服やアクセサリーは?
ArtyvoodooバージョンのSkinny Loveバッグです。チャーム、スタッドをプラスして新たにデザインしました。この組み合わせはうまく機能しています。つまり私は、ヴィンテージ風の革についたしわの表情が好きで、チェーンは完璧です・・・。このバッグには生きてきた時間、物語、何か本物のことがあります。私はかなり満足です。
この同じ時期にどうしても考えたかったものは?
防水加工したウエアを創ることを考えたかったのですが。かなり短めのちょっとしたレインコートで、コーティングキャンバスを使用したもの。マリンブルーのセーターに着るような・・・。新しいデザインで、ダークカーキの色合い、典型的にZadigのディテールによるものです。
9月からワードローブにほしい、Zadigを象徴する理想的またはちょっと外した感のあるアイテムを3つあげるとしたら?
Evrellのアイコニックなジーンズ、クロコ調またはスパンコールを施した Joeのレザーミリタリーブーツ、そしてFaroのオーバーサイズのカシミアセーターです。長袖で全部を隠し包み込みます。フェティッシュアイテムで、シックな雰囲気もあります。
今シーズンにはずせない文化的なイベントは?

文学では、「Eva」*です。Simon Liberati が妻のEva Ionescoに捧げた本です。これは、かなり究極の愛の宣言です。私も「Balanchine / Millepied / Robbins」**を見に行きます。Benjamin Millepiedと Démonsの新しいショーです。スエーデン人の作品のお芝居で、Romain Durisが演じています。彼が大好きです!私にとって、彼は、私がここに来てから出会ったような本物のパリジャンです。完璧でとても黒い髪をしていて・・・。そうでなければ、夏休み明けのストレスを取り除くために、Montanaで一夜を踊り明かしに行くことをお勧めします!
秋に逃せない3つの楽しみは?
ノルマンディーの海岸を散策すること、典型的なパリのビストロでボルドーワインのボトルを開けることなどが好きです。それから目がないのは、タイムティーの代わりのカフェラテ!パリは秋で、日の光は斜めに差し込み、しかもパステルのような弱々しいから。
あなたにとって一番素晴らしい街は?
私はスエーデン人です。だから盲目的な愛国心なしに答えることができます。パリは今もなお私にとって最もインスパイアされる街です。古くからある都市ですが古ぼけてはいません。しかもロンドンやニューヨークのストレスを免れています。つまり文化や建築、料理における豊かさはパリでは、比類ないものになっているのです。それからパリジェンヌたちがいますが、私は彼女たちのスタイルが大好きです。パイソンレザーや黒い色を着るときの着こなし方、全く無造作に、ロックとシック、レザーとカシミアの絶妙なバランスが大好きです・・・。前進するために私にはパリジェンヌたちが必要です。彼女たちが私にインスピレーションを与えてくれます。
必ず欲しい非常に秋を意識させる素材は?
コーデュロイです。パウダーローズカラーかコニャック色か空色の・・・。秋冬コレクションすべてに使います。
雨の日でも関係ありませんか?
はい、私は根っから楽天家です!たとえ天気が良いほうを好むとしても、天気によって行き詰ることはありません。私は前進します。雨が降っているのすら分かりません。
秋を女性にたとえるとしたら、それは誰ですか?
Ali MacGraw です!彼女にはこの神秘的な美しさがあります。特に「ある愛の物語」で。彼女の着こなし、彼女からにじみ出るもの・・・。私には、それが明らかです。


写真: Alexandre Tabaste
*
出版社:Editions Stock.
**  Palais Garnier
Paris 9区)で1011日まで。
*** Lars Norénの作品。 Théâtre du Rond-Point(パリ8区)で1011日まで。

next >
Add to Wishlist