Zadig & Voltaire uses cookies to improve your experience and his services, by analysing browsing on our website.
By continuing to browse, we understand that you accept their use. Learn more about cookies

ALL ABOUT CECILIA

CECILIAが ZADIGをロックにする

音楽ファン、情熱家。音楽はCecilia Bönströmの人生において独自の位置をキープしています。赤い糸のように、Zadig & Voltaireコレクション全体に要求されるインスピレーションの源泉です。
ロックは、 ZadigDNAの構成要素。どんな風に音楽へのこの情熱を抱くようになったのですか?

子供のときには既に、ラジオをつけっぱなしで寝ていました。すべての時間をバックグランドミュージックとともに過ごしました。また創作のときですが、私もそうですが、音楽はアートと同じ位影響を与える事柄なのです。私はモードの世界で働くことを嬉しく思っていますが、音楽を作るのが大好きだったようです。音楽なしではどうやって生きたらいいか分からないくらいです・・・。私にとって存在する最高の抗鬱剤なのです。

毎日、あなたはどんな音楽を好んで聞きますか?
私は夜でも街の中でも音楽を聞きます。必ずヘッドホーンをつけて、たくさん歩きます。こうしてアイデアが浮かんでくるのです。でも仕事は静寂の中でします。創作とは夢の部分ですが、また何か非常に現実的なものです。果てしない集中力、組織力を必要とします。それから私は、チームとやり取りします。誰もが理解し合う必要があります。

最初の音楽の想い出は?最初のコンサートは?
最初のコンサートは、スエーデンのヨーテボリでのMichael Jacksonのコンサートでした。そして最初の音楽は、Abbaです。彼らの歌は、そらで歌詞が分かるヒットした作品です。青春時代、一番「夢中になった」音楽です。Abbaは、私の何かの一部、私のカルチャーの一部でもあります。

今、特に「ファン」のグループ、アーティスト、音楽のジャンルはありますか?
私はなんでも聞きます。 音楽を把握する方法は、完全に「デジタル」です。Shazamのアプリのお陰で、ピックアップし、新しいものを見つけ、自分のプレイリストを作ることができます。非常に素晴らしいことです!こうして、The Avenerのような人を見つけることができました。彼の最初のヒット曲「Fade Out Lines」は私を駆り立てます。

革は、当然ロックテイストの素材です。Zadigのコレクションではどんな位置づけにありますか?
革は、私のコレクションによって華々しく戻ってきましが、私はコントラストを演出するのが好きで、私が使うことによって驚かせるほうが好きなのです。例えば、革のサロペットをカットして、あるいはシャツを作るとか・・・。私は他の方法に使うために、流用するというこのやり方を楽しんでいます。

Zadigのワードローブで特にロックなアイテムは?
アンクルブーツです。ロンドンの女性ロックスター、またはロックガールを考えたとき、ポインテッドトゥのアンクルブーツのこのジャンルを、心の中での非常に「Chelseaブーツ」を考えます。

Kills Sean Lennonは、既にZadigのためにポーズをとっています。他には誰に、Zadigの顔としてポーズをとって貰いたいですか?
Paolo Nutiniです。スコットランド人の若者です。細身で、とてもさりげなく、非常に詩的で、彼の歌の中で、非常によく思われているように、ロックの特定のコードや、ともにある人生をイメージさせてくれます。例えば私は彼の歌のタイトル「New Shoes」を考えます。彼のシルエット、声の響きなどが好きです。彼にはちょっと苦悩したところや、感受性の強いところがあって、それが私を惹きつけ、インスピレーションを与えてくれます。

ロックをたった一人の人物にまとめるとしたら、誰ですか?
Mick Jaggerです。純粋な自由、クールなアティテュード。トップモデルErin Wassonは、Zadigを代表していましたが、彼女には彼と同じオーラがあります。彼女は決して型にはまったタイプではありません。Erin は、女性版Mick Jaggerです!本物の才能と組み合わされるとき、私はこのタイプの「私には関係ない」というスタイルが大好きです。

春夏 2016のアイコニックな新しいアイテムをデザインしたときに、あなたの頭の中には誰のイメージがありましたか?
70年代のKeith RichardsとNirvanaです。Kurt Cobainは、当時非常にインスピレーションを与えた人物です。彼は、当時正真正銘の足跡を非常に短期間に残しました。私はジーンズのアイテムの際、彼に大いにインスパイアされました・・・。私は、チェックのシャツを着てシックなブレザーを肩に羽織るというミックスされたグランジが好きです。それはファッションを非常に個人的なものにするというジャンルのミックスです。Keith Richardsキース・リチャーズは私がデザインしたスーツ、枯葉色のシャツで存在しています・・・。彼らは、私が手に入れたいと思っていたこのコレクションの背景、自由な、爽やかなこのアイデアによって、インスピレーションを与える2人の人物です。

クリスマス2015について、 ZadigFrendsと提携してヘッドホーンを作りました。この決断はどうして?
私は、「ジュエリー」のような女らしいヘッドホーンをデザインしたかったのです。シックな、ちょっと外した感のある類の基準を再開するようなもの。すなわち色やマットな感じ、カモフラージュプリントなど。ブランドとして通常やらないもの、現代的なものを作れるということは、本当に素晴らしいこと!それはエレガンスと目覚ましい技術力を結びつけています!

最新のコレクションを要約するタイトルやアルバムは?
「Je t’aime moi non plus(ジュテーム モワ ノンプリュ)」の、GainsbourgとJane Birkinのバージョンです。Janeもまたこの春夏2016コレクションに多くの影響を与えています。つまりBaby Dollドレス、ビクトリア調ブラウス、大きなバックル付きのベルト。私のアイデアは、この絶対的なモードのアイコンが、2016でするような着こなしをよく考えることでした。

あなたによれば、典型的にロックなパリジェンヌとは何ですか?
パリジェンヌは洗練されていますが、うわべだけの飾り気のなさ、さりげなさがあります・・・。危険をはらんだスタイル!彼女の髪のまとめ方、バックの持ち方、トレンチコートの着こなし、ハイウエストのジーンズをシルクのシャツに組み合わせる着こなし、ちょっと崩した髪、とってもセクシーです・・・。決して古くもないしありきたりでもありません!しぐさによって超ロックになります。

 

写真 : Alexandre Tabaste

next >
Add to Wishlist