ZADIG HOUSE

アートな聖ルチア祭

オスマニアン様式のアパルトマンで。Thierry Gillierと Cecilia Bonströmは、聖ルチア祭を巡り、Zadigファミリー全員を招集した。パーティーテーブルや現代的な作品の横には、セレブやアートにおいて影響力のある人々の姿が。美味しそうな御馳走は、パンデピス、サーモン、ブリオッシュ、ババオラムなど。

スエーデンの伝統に忠実に。天井の時代物のフレスコ画の下、3人の少女と2人の少年たちが「サンタルチア」を歌う。白いチュニックに赤いベルト。キャンドルを手に。頭上には冠が輝く。Lucie(ラテン語で「Lux」)、すなわち「光」を祝福するために。クリスマスの光が、パリの通りと世界にロックテイストをもたらす。心の光、それはZadig et Voltaireのエターナルラブ。